グルメの台所
料理

上州名物お切り込みうどんの作り方

お切り込みうどんとは?

肌寒い季節になってきた今日このごろ、みなさんどうお過ごしですか?最近、寒い季節になってきた時期に温かいうどんがコンビニエンスストアで登場してきました。そんな中、私が住んでいる群馬県ではお切り込みうどんという群馬発祥のうどんがコンビニエンスストアで売られています。麺はきしめん状でスープはかつおだし、味噌、醤油などを合わせたスープとなっております。また、野菜は人参、大根、ごぼう、ねぎ、そして白菜を使っています。

お切り込みうどんの由来

昔から群馬県では二毛作で小麦づくりが盛んに行われており、現在でも、小麦の生産量が高いので小麦を使った料理であるうどん、「おっきりこみ」小麦の生地をこねたものを包丁で麺状に切ってそのまま切っては鍋に入れる作業を繰り返しをしていたので「おっきりこみ」となりました。

そして、沸騰した鍋の中に入れて煮て、地元の野菜を加え、麺に含まれている小麦の粉がそのまま溶け出し、鍋の中のスープにとろみが加えられたものを「おっきりこみうどん」といいます。

おっ切り込みうどんは今や一年中食べることができますが、昔は、冬に食べられるうどんだったそうです。通常、おっ切り込みうどんと呼ばれますが、群馬県は比較的広いので地域によって呼び名が変わります。北部の群馬では「ほうとう」東部の群馬では「にぼうと」と呼ばれています。また、北部や西部では味噌を使ったおっきりこみが多いですが、東部では醤油を使ったおっきりこみが多いです。

お切り込みうどんの作り方

地粉 300グラム

ぬるま湯  100ml

塩    小さじ3杯

出汁  640ml  (しょうゆ、ソテーオニオン、すりおろし大根、カツオ節エキス調味料、すりおろし人参、)

味噌  大さじ4杯

白菜  1/3

大根  1/2

人参  1本

ごぼう 1/2

ねぎ  1本

小松菜 1本

 

 

 

1.地粉をぬるま湯を少しずつ入れながら、塩をいれて、箸でかき混ぜる。2.水気がなくなったら、手でこね始める。その時、空気を抜きながら、こねる。3.生地をひとまとめにして、生地の上に濡れた布巾をかぶせて、30分寝かせる。4.寝かし終えたら、まな板に生地を置き、麺棒で0.7cm厚さに生地を伸ばす。5.生地を伸ばし終えたら、のばした麺を3つ折りにして、約1cm前後に切る。切り終えたら、それぞれ麺がくっつかないように地粉を麺に振りかける。6.麺を茹でる。7.麺が茹で終わったら、出汁を入れた別の鍋に味噌を加え、それぞれ食べやすように切った野菜を入れる。8.野菜を入れ終わって、その後に茹でた麺を入れる。3分ぐらい茹でたら、あとは、お椀に盛り付けて、刻んだネギをのせれば、おっ切込みうどんのできあがり。

 

お切り込みうどんが群馬県で食べられる店

群馬県ではおっ切込みうどんは名物なので群馬県の各地域の食事処でたべることができます。ただ、最近は群馬県でレストランやファーストフードショップがたくさん出店してきているので、伝統的な和食レストランというには昔に比べるとだいぶ少なくなっているような気がします。そんな中、私がいいと思った伝統的な和食レストランでおっ切込みうどんを食べさせてくれるレストランを紹介しようと思います。

上州田舎屋「群馬県伊勢崎市」 東毛地区伊勢崎市にあるおっ切り込みうどん提供しているお店。東毛地区ならではの 醤油をベースにした味付けのおっきりこみうどん。鉄鍋でおっ切込みうどんを出しています。また、ここのおっきりこみうどんはお肉(豚肉)が入っていないので、ベジタリアンにはオススメ。その代わり、野菜がたっぷりはいってます。私は豚肉が苦手なのでこのお店は嬉しいです。

 

新田乃庄「群馬県太田市」ここも東毛地区にあるおっきりこみうどん専門の群馬県唯一の宮中料理店。また、おっ切り込みうどん専門料理店でもあります。ここはいわゆる高級おっきりこみ専門店です。値段はとても高いですが、高級おっ切り込みうどんを堪能できます。しかも、おっ切り込みうどんの種類はとても数が多く、いろいろなおっ切り込みうどんを楽しめることができます。

新田乃庄HP  https://nittanosho.net/

 

お切り込みうどんはセブンイレブンで発売している。

おっ切込みうどんはセブンイレブンでも販売しています。実は、私は初めておっ切込みうどんを食べたのはセブンイレブンのおっ切込みうどんでした。セブンイレブンのおっ切り込みうどんは地元の野菜がたっぷりはいっていて、かつ群馬県の小麦粉を使用しているので健康的でとてもいいです。

しかも、お値段、税込み¥429と安いのでとてもお得です。私はこのセブンイレブンのおっ切込みうどんのリピーターになってしまいました。寒くなるとセブンイレブンの麺類の棚から発売しています。味よし、値段良し とてもオススメです。

すいません、セブンイレブンのおっきりこみうどんは群馬県限定で販売しています。もし、秋から冬の時期に群馬県を訪れたなら、群馬県のセブンイレブンにはおっきりこみうどんをみつけることができます。見つけることができて、食べることができたら、とても心が温まります。

 

まとめ

おっきりこみうどんは群馬発祥のうどんであり、きしめん状はかつおだし、味噌、醤油などを合わせたスープで野菜がたっぷりはいったうどんで寒い時期にコンビニエンスストアで売っています。

群馬県は昔から二毛作が盛んで小麦栽培を行っており、小麦が身近に採れ、小麦から生まれたものがおっきりこみうどんでした。おっきりこみうどんは主に寒い冬の時期に食べられていましたが、今は一年中食べられるようになりました。

おっ切り込みうどんの呼び名は地域によって変わります。北部は「ほうとう」東部では「にぼうと」と言われています。おっ切り込みうどんの食べられるお店は2つあります。最後に寒い時期になるとセブンイレブンでもおっ切込みうどんは群馬県限定で販売されます。