公文式フランス語は、フランス語の物語を読めるようになります。

こんにちは! kireizukin です。 今回は、公文式のフランス語で、フランス語の文章が読めるようになる画期的な方法が 公文式のフランス語にはあります。

公文式フランス語教材は こんな方におすすめです!

●フランス語の物語を読めるようになりたい方。

●フランス語学校に行くための最初のステップになりたい方

●フランス語を上達したい方

●フランス語を始めて間もない方

●フランス語が苦手な方

●フランス旅行で困らないかた

 

フランス語の本を読めるようになりたい

フランス語の本を読めるようになりたいと希望される方はいらっしゃいます。私がフランスに滞在していたときに、レストランにてフランス語で書かれたメニューを見て、フランス語の文章が読めるようになりたいと思いました。

フランス語で書かれたレストランのメニューを読めなかったら苦労します。そんなときにおすすめなのが、公文式のフランス語教材です。この教材は、

自分のレベルに従って、フランス語を学習することができますので、幼児~大人までフランス語を学習することができます。しかも、フランスのレベルが上がっていくにつれて、物語を通して、フランス語の読解力が養われるので フランス語の教材がだんだんレベルが上がっていくにつれて、

次第にフランス語の読解力が養われるので フランス語の本をだんだん読めるようになります。

フランス語の文章は難しい

フランス語は英語と違って、身近に話している人がいないので、フランス語を習得するには難しく、かつ、フランス語の本を読めるのは難しいです。しかし、心配はいりません。公文式フランス語では、受講者のレベルに従って、自分のできることからフランス語を学ぶことができるので、だんだん学習するにつれて、教材のレベルがあがるにつれて、次第にフランス語の文章が読めるようになり、結果、フランス語の本を読めるようにカリキュラムが設定されています。なので、フランス語の文章が苦労なく読めるようになります。

 

 

どのくらい勉強すればフランス語の本を読めるようになりますか?

フランス語の本を読めるようになるためには時間がかかるのでしょうか?と思いますが、 最初から、フランス語の本は難しくて読めませんが、公文式の教材を通して、時間は多少かかりますが、その分、フランス語の実力はつきます。なので、レベルが上がるにつれて、フランス語の本が確実に読めるようになります。

 

公文式フランス語教材はどんなもの?

公文式のフランス語教材はどんなものか?知りたい方にご案内いたします。フランス語の教材は、プリント学習です。各、レベルに合った教材で本にCDがついていて、CDを聞きながら、その後に、プリントで学習します。プリントは習熟度次第でレベルが上がるにつれて、フランス語の小説を扱ったフランスの長文の文章をプリント学習します。学習し終わったら、フランス語の担当の先生宛に学習したプリントを郵送でおくります。また、公文式フランス語講座には 先程、述べた、通信教育の他に教室でフランス語を学習します。これも、プリント学習で勉強したら、プリントをその教室いるフランス語の担当の先生に添削して貰う形です。

 

 

 

フランス語の物語は 試験に通用するか?

フランス語を学習して、自分の実力がどのくらいなのか?知りたいと思いますよね?そんなときにおすすめなのが、仏検を受けてみてはどうでしょうか?公文式フランス語講座には 仏検に対応しています。 学習して間もない方は一番簡単なレベルの仏検5級をうけてみてはどうでしょうか?そして、フランス語の学習が進めるにつれて仏検の上の級を受けてみてはいかがでしょうか?きっと、自分の実力がわかります。

 

 

 

 

まとめ

公文式フランス語教材は、フランス語の本を読めるようになりたい方におすすめの教材です。フランス語教材は、自分のレベルに従って、上のレベルの学習を進めていく形になっています。しかも、次第にレベルが上がるにつれて、理解できていくフランス語の文章を読めるようになっていきます。また、フランス語は英語と違って、身近にある言葉ではありませんので、、フランス語を習得するには難しく、かつ、フランス語の本を読めるのは難しいです。でも心配はいりません。公文式フランス語講座には、 全国どこでも受講可能です。それは、通信教育という形を取るか?あるいは、全国にあるフランス語の指導資格を持った先生の教室にてフランス語を学習することができます。また、フランス語の習熟度につれて、仏検と言われる日本のフランス語の習熟度を図る試験があります。公文式では、カリキュラムが仏検に対応していますので、自身のフランス語の習熟度に応じて、仏検を受けることができるレベルになっています。もし、仏検に興味がございましたら、担当のフランス語の先生に伺ってみてはどうでしょうか?

 

 

最新情報をチェックしよう!