グルメの台所
料理

簡単!エビチリの作り方

エビチリの由来

エビチリはもともとは中華の四川という地域の料理でエビの辛い炒めものが本場とされていますが、この四川料理のエビの辛い炒めものが日本人には辛すぎて食べられないので陳建一の父である陳建民さんが日本人の口に合うように手を加えて作ったメニューがエビのチリソースということになりました。

エビチリを作る上で用意するもの

まず用意するものが

玉ねぎ    中玉1個

エビ     90グラム

チリソース  160グラム

辛味ソース  10グラム

用意するものが玉ねぎ中玉1個、エビ90グラム、チリソース 160グラム、 辛味ソース10グラムを用意してください。エビは皮を剥いて、下処理をしてください、そして、エビを小麦粉をまとわせてください。

エビチリの調理の仕方

全部、食材が用意ができたら、調理を開始します。玉ねぎは2~3cmぐらいの間で乱切りにします。その後、フライパンを用意し、大さじ2杯の油を入れて、下処理をしたエビを素揚げします。エビの衣がキツネ色になったら、その後は先程、玉ねぎを乱切りにしたものを投入します。これも玉ねぎがしんなりするまで炒めます。玉ねぎがしんなりするまで炒め終えたら、次にチリソースを投入します。チリソースを投入したものを約1分間炒め続けます。炒め続けるのはいいのですが、フライパンの底が焦げ付かないように炒めるようにします。炒め続ける最中に次は、辛味ソースを投入します。辛味ソースを投入したものを約1分間炒め続けます。これも同様に、フライパンの底が焦げ付かないように炒めるようにします。炒め終えたら。 お皿に盛り付けて できあがりです。

 

エビチリが人気な理由

さて、エビチリの調理の仕方をさきほどは述べましたが、今度はエビチリが人気な理由を述べたいと思います。エビチリのエビはプリッと食感があり、エビは子供からお年寄りまで人気なので中華料理の人気の料理の一つです。特に若い方はエビが好きな方が多く、ちょっと、ピリッとした辛さが人気の理由です。私が子供の頃、家族に連れられて中華料理屋さん、といっても、すかいらーく系列のバーミヤンに連れられて行った時、バーミヤンのエビチリがとても美味しくて、バーミヤンに行ったときは必ず、エビチリを注文した記憶があります。また、他のお客様もエビチリを注文してたのを記憶にあります。それだけ、エビチリは日本人に人気の中華料理だと私は確信しています。しかも、バーミヤンのエビチリにはエビのちリソースの周りには揚げた麺的なものが敷き詰められていたのを覚えています。このカリッとした食感がエビチリソースを引き立ててるのだなと子供ながらに思いました。また、私が大学生だったころ、学食で御飯の上にエビのチリソースをかけたえびちり丼というメニューがありました。とても斬新なメニューだなと思いました。こういったように、エビチリソースは普段の至るところに人気のあるメニューだと思います。

エビチリの値段が高いわけ

エビチリは人気があるのはわかったけど、ではなぜ、エビチリは他の中華料理より値段が倍高いのと思うかた。その秘密はエビにあります。エビは日本近海では採れません。エビはほとんど東南アジア~インドからの養殖です。主に、エビはベトナムからの養殖されたエビが多いです。東南アジア、ベトナムではマングローブの森を伐採した跡の空いた土地からエビの養殖のための広い池をつくるのです。エビは広い池で育てられます。エビが成長したら、先進国に輸出されていきます。輸出先の多くは日本です。養殖されたエビの値段は比較的高いです。それは、人件費とか餌代によるものです。なので、中華料理屋さんでエビチリに使われるエビは値段が高く、エビチリは他の中華料理のメニューより値段が倍高いのです。

まとめ

エビチリは陳建一さんのお父さんの陳建民さんがもともと辛い四川料理のエビのメニューを日本人の口に合うようにアレンジしたメニューです。このエビチリというメニューが日本で人気のメニューとなりました。

エビチリを作るために用意するものは実にシンプルです。玉ねぎ、エビ、チリソース、辛味ソースです。エビについては下処理の後、小麦粉をまとわせてください。

エビの調理の仕方ですが、玉ねぎは乱切りに切り、エビを素揚げして、きつね色になるまで素揚げしてください。その後、玉ねぎを投入して、玉ねぎもしんなりするまで炒めます。その後、チリソースを投入して、1分間炒めます。その後、辛味ソースを投入して1分間板面たら 出来上がりです。

エビチリは子供からからお年寄りまで幅広く人気のある中華料理の一つです。プリッとした食感が楽しいメニューなので人気です。

エビの値段が高いわけはエビは日本近海では採れず、エビは東南アジア~インドで養殖をして輸入されています。エビの養殖するにはマングローブの森を伐採した跡に空いた土地からエビを養殖するための大きな池を作り、大きな池でエビを養殖します。エビが成長したら輸出します。輸出先は主に、日本です。養殖されたエビは値段が高い理由は育てる人の人件費とエビの餌代です。なので、エビチリは他の中華料理より値段が倍高いのです。