グルメの台所
料理

経済的な手作りタコスの作り方。

タコスとは

メキシコ料理のタコス料理を紹介します。タコスはとてもおいしいですよね?メキシコとアメリカでよく食べられている料理の一つです。もともとタコスはメキシコの料理の一つです。でも、アメリカではメキシコからの移民によってタコスはアメリカに広まりました。

なので、タコスはメキシコのみならず、アメリカでもよく食べられています。タコスは、とうもろこしの原料で作ったシェルに焼いてスパイスで味付けしたひき肉に野菜と、チーズ、そしてサルサソースをのせたメキシコ料理の一つです。

東京にはタコス専門店があります。

東京にはタコベルと言われるタコス専門店があります。タコベルはアメリカを発祥としていて、タコスを中心としたタコスを売っているタコス専門店です。タコベルではタコスの中に入る肉を選べることができ、チキンor ビーフから選ぶことができます。そして、ドリンクも売ってます。

タコベルでは人気店でいつも人が並んでいます。タコベルは現在、地方にはありません。なので、地方に住んでいるひとは、なかなかタコベルに頻繁に食べに行くことはできません。

だったら、タコスが遠くて食べにいけないなら、自分たちで作ってしまおうと考えました。なので、今回は、自宅で手作りタコスの作り方をご紹介いたします。

自宅で手作りタコスの作り方

 

用意するもの

● ハードタコスシェル・シーズニング 一箱

●レタス1/3

●トマト1個

●牛豚合挽肉 300~500グラム

●ミックスチーズ 一袋

●サルサソース

用意するものは、ハードタコスシェルとシーズニングが入ったタコスキット一箱を用意します。KALDIで売っています。あと、レタス1/3,トマト1個、牛豚合い挽肉300~500グラム、ミックスチーズ一袋、サルサソースです。

タコスに合挽肉とシーズニングを混ぜ合わせます。

用意するもの

●水 コップ1/2杯

●牛豚合挽肉300~500グラム

●シーズニング 一袋

まず油を引かず、牛合挽肉を投入して、肉が茶色になるまで焼きます。牛合挽肉から出る脂を捨てます。wその後に、シーズニングを一袋入れて、混ぜ合わせ、その後に、水をコップ1/2杯入れて、よく煮たつようにして、水を飛ばします。水を飛ばし、水分がなくなったら、皿に移し、冷まします。

タコスシェルを軽く温めます。

ハードタコスシェルをレンジで軽く30秒ほど軽く温めましょう。そのときにタコスシェルを口が空いた方を下に向けて温めるようにしましょう。

 

 

野菜をそれぞれ切りましょう。

用意するもの

●トマト

●レタス

トマトは細かくダイス状に切り、レタスは千切りにかつ短く切りましょう。

それぞれの食材を揃えて、盛り付けていきます。

●ダイス状に切ったトマト

●千切りかつ短く切ったレタス

●ミックスチーズ

●シーズニングと水を入れて煮たせた合い挽肉の種

● ハードタコスシェル

●サルサソース

まず、ぱっくり空いたハードタコスシェルの底に入れるのは、シーズニングと水を入れて煮たせた合挽肉の種を入れます。その後、ダイス状に切ったトマトを適量に入れる、その後、レタスも適量に入れます、そして、ミックスチーズを少々入れる。その後、最後にサルサソースを適量に入れます。

これらをどんどんたくさんつくります。あと、きをつけてほしいのが、出来上がったタコスは不安定ですぐに重さで倒れて具材が飛び出てしまうので、タコスを支えるスタンドがあるといいと思います。

タコスを作ってみて

タコスは手間がかかりますが、思ったより簡単にできました。しかし、作ってみて、やはり、最後の過程で合挽肉、野菜などを盛り付けるときにタコスシェルが割れてしまうんじゃないかと思い、注意を払いながら盛り付けました。

実際、ハードタコスシェルの場合は、とても薄く、割れやすいので手に持っただけでも割れやすいので 細心の注意を払いながら扱うことをオススメします。また、製造過程でも割れている場合もあるので注意が必要です。私が以前、タコスキットを買ったとき、いくつかタコスシェルが割れていたのでこれは、運というしかいいようがありません。どうか、タコスのシェルが割れていませんように。

 

ミックスチーズや残りの野菜、肉が余ったらどうするか

また、ミックスチーズや野菜そして肉の件ですが、タコスを盛り付ける過程で適量でまたは、ミックスチーズ、野菜そして肉を入れる過程がありますが、タコスシェルがもともと小さいので、どうしてもミックスチーズ、野菜そして肉を振りかけるのが少なくなってしまいます。そういうときはどうすればいいか?

そういうときは、ご飯を盛り付けて、その上に、シーズニングが入っている肉、レタス、トマト、ミックスチーズ、その後、目玉焼きで最後にサルサソースを回しかければ即席の ロコモコ丼が完成いたします。余った食材で捨てることなく新しい料理ができました。タコスを作る際に余ったトッピングでロコモコ丼をつくることが私の唯一の楽しみです。

 

タコスは自分で作れば安くできる

タコスはお店で買うより、自分で作ったほうが、安くかつ多くできるのでおすすめです。また、先程、紹介したとおりに、タコスを作る過程の上で違った料理に変身できるのでとても経済的です。

地方に住んでいて、タコスが食べられない人は自分でタコスをつくればいいと思います。タコスキットはカルディで売ってます。そして、メキシコ料理の雰囲気を味わってください。経済的で美味しく、楽しいタコス料理のできあがりです。