公文式フランス語教材リスニングとは?

  • 2020年10月4日
  • 2020年10月5日
  • 未分類
  • 7View
  • 0件

こんにちは! kirizukin  です。 今回は、私が利用してる フランス語の教材、公文式で、リスニングについての話題をご紹介いたします。

公文式リスニング教材は、こんな方におすすめです。

●フランス語を始めて間もない方

●フランス語の聞き取りが難しい方。

●フランス語のシャンソン(歌)を聞きたい方

●フランス語に興味がある方

● 渡仏前の準備としてフランス語を安く学びたい方

フランス語のリスニングをつけたい

フランス語のリスニングをつけたい方に公文式のフランス語リスニング教材はとてもおすすめです。フランス語は英語よりも難しいので、学習が難しいと思っている方にはとてもおすすめな教材です。なぜなら、フランス語を始めて間もない方、フランス語の聞き取りが難しい方には、効率よく学習できるリスニング教材です。しかも、 公文式のリスニングは幼児でも始められる。カリキュラムとなっているので、大人でももちろん、大丈夫です。

 

 

フランス語のリスニングは難しいと思っている方

フランス語の聞き取りは、難しくて、挫折しそう。と思っている方は、けっこういらっしゃると思います。でも、心配はいりません。公文式のリスニングは、歌が中心であり、公文式のプリントをときながら、リスニングも学習できるカリキュラムとなっています。とは別に、シャンソン、歌を聞きながら、楽しめる教材となっています。なので、先程、述べましたように、公文式のリスニングは、幼児でもはじめられる、カリキュラムとなっていますので、大人でも大丈夫です。

 

 

公文式のリスニング教材ってどんなもの?

 

公文式リスニング教材はどんなものか知りたい方は、フランス語の公文式リスニング教材とは、自分のレベルの教材であるCD付きのフランス語の冊子。と、”楽しいシャンソン”と呼ばれるCDが公文式フランス語の教材となっております。これらを使って、フランス語を毎日、学習することになります。

 

 

リスニングはどのくらい聞けばいいのか?

公文式リスニング教材はどんなものか知りたい。人もいらっしゃると思います。公文式のリスニングは教材をときながらフランス語で書かれている文章をCD、または、公文式の教材、E-pensilを使って、冊子に書いてある文章を耳がなれるまで聞きます。その他に、”シャンソン”と呼ばれる CDを使って、聞きながら、フランス語の歌を耳がなれるまで聞きます。

 

 

 

リスニングはシャンソンだけど、リスニング教材としてはどうなのか?

歌、シャンソンだとリスニングが身につかなそうと思っている方、公文式フランス語リスニングは、別冊、シャンソンがありますが、教材で文章をリスニングの学習が入っているので、文章をリスニングできるので、リスニングが身につきます。

 

 

 

なぜ、別冊、シャンソンは公文式の教材とセットなのか?

フランス語のリスニングは、教材の出てくるフランス語の文章を吹き込んだリスニング教材で十分だと思っている方、シャンソンで楽しくフランス語を更に見につくことができます。また、公文式フランス語教材は、シャンソン、と教材の文章のリスニングでフランス語を効率よく身につけることができます。

 

 

 

どうやってフランス語リスニング教材を手に入れることができるのか?

公文式のフランス語を受講していただければ、フランス語のリスニング教材を手に入れることができます。下にURLを貼って置きますので、フランス語に興味がある方は、アクセスしてみてください。

 

公文式フランス語 https://www.kumon.ne.jp/french/

 

まとめ

フランス語に興味がある方、 フランス語を始めて間もない方、 渡仏前の準備として、フランス語を安く学びたい方にはおすすめの公文式教材ですが、公文式教材といえば、幼児向けの 算数・数学・国語・英語の学習塾として認知されていると思いますが、それよだけではなくて、公文式のフランス語教材は幼児~大人向けの教材です。公文式フランス語はリスニングも学習できます。まずは、自分のレベルの冊子が配られるのですが、その中にフランス語の文章をCD または、E-pensil (公文式専用リスニング機器 )で 音声を聞いて学習することができます。それだけではなくて、公文式リスニング教材には、シャンソン(フランス語で 歌)のCD2冊が配られ、それらを耳が慣れるまで繰り返し、聞きます。さきほど、述べた、自分のレベルの冊子に書いてあるフランス語のリスニングとシャンソンのCD2冊で公文式のフランス語は、フランス語が読み書きできるだけじゃなくて、聞くのほうのリスニングも効率よく学ぶことができます。ここで、公文式のフランス語コースの良いところは、安い料金でフランス語を安く効率よくまなぶことができます。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!