グルメの台所
食材

ボリューミーなメキシコ産アボカド

メキシコ産アボカド

皆さん、アボカドは好きですか?アボカドはとても栄養価が高いフルーツの一つです。アボカドの産地はほとんどがメキシコ産が多いです。その他はペルー産が多いです。メキシコのアボカドは高品質でほとんどが世界中に輸出されています。輸出先の多くはお隣のアメリカ次に日本、あとはヨーロッパです。最近は中国にも輸出されています。特に、日本人はアボカドを食べることが好きなようです。

アボカドはよく森のバターと言われて、果肉がねっとりと濃厚でおいしいですよね?一度、食べたらやみつきになります。ただ、私は、正直、子供の頃は、アボカドは苦手でした・・・なぜなら、甘くなかったからです。

ある日、おばあちゃんに、アボカドを一切れ食べさせられて、甘くなったので、泣いてしまったことがあります。でも、大人ってからはアボカドを食べる機会があって、アボカドを食べたら、好きになりました。それで、レストランでも、家で食べるときでも アボカドを選ぶことが多いです。

 

メキシコはアボカド栽培が盛ん

メキシコでのアボカド栽培はとても盛んで年に4回アボカドを収穫できるそうです。アボカドが4回収穫できる理由は、土壌がいいのと、雨が多く降るのと、太陽がたくさん降り注ぐからでアボカドの生育にとって良い環境なのでアボカドが4回も収穫できるのです。

ただ、アボカドを栽培することはアボカドは水を多く使うので一度、アボカドを栽培をすると他の作物を栽培することはできなくなってしまうそうです。

しかし、今、世界中でアボカドがもてはやされて、アメリカのみならず、世界中がアボカドを欲しています。メキシコ農家はアボカド栽培をすることやめないそうです。、こんなに、アボカドを世界中で需要があるということは、メキシコでは森林を焼いてアボカド用の畑にしているようです。

なので、森林が破壊されているのです。いわゆる焼き畑農業を行っています。これらがどんどんメキシコでは拡大されています。なので、メキシコではアボカドは国の経済を発展させています。もし、アボカドの栽培がなくなってしまったら、メキシコの経済は破綻してしまいます。

アボカドはメキシコにとってアボカドは経済を動かす道具です。私はフェアトレードの焼き畑農業を行ってないフェアトレードのアボカドを買うべきだと思います。このフェアトレードの商品を見つけることは難しいですが、よく調べれば、見つかると思います。例えば、インターネットを調べれば見つかると思います。

 

アボカドを使った料理

アボカド好きな皆さんに様々なアボカド料理を紹介いたします。アボカドのカリフォリニア巻ロール、アボカドのワカモレ、アボカドとサーモン醤油和え、アボカドのハンバーガー、アボガド握り寿司、アボカドサラダなどがあります。どれも簡単に作れます。アボカドはいろいろな料理に簡単に利用できます。

しかもアボカドは皮を剥くのが簡単です。身を縦に半分に切って大きな種を採って皮を手で向いて果肉を包丁で切る。これでアボガドの実を取る事ができます。それで、その果肉は様々な料理に利用できます。

先日、私はアボカドの実を使ってメキシコ料理のワカモレを作りました。ワカモレはメキシコ料理では定番の料理の一つで簡単にできますし、なにしろ、火をつかわないところと、少ない材料でできるので、料理初心者やお子様でもできるのでオススメな料理の一つです。

しかも、ナチョスというとうもろこしで作ったスナック菓子でつけて食べるととてもおいしいです。私はワカモレをナチョスをつけてたべたら、やみつきになり、ナチョスを一袋ごとと自分で作ったワカモレを平らげてしまいました。

健康に良い自家製アボカドワカモレの作り方

健康に良い自家製アボカドワカモレの作り方

 

こんな大きなアボカドはどこで手に入る?

私はワカモレを作ったときに、大きなボリューミーなアボカドを使いました。これはオンラインショップで購入した Sumifru (スミフル)というお店で購入しました。アボカドが届いたときはスーパーマーケットで買ったアボカドと比べると実は大きく、ずっしりと重かったです。

また、まだ届いたときはまだ、実は青くて、熟してなかったので、家で追熟する必要がありました。私の経験上、スーパーマーケットで買うアボカドは比較的、実は小さめのものが多くて、オンラインショップで買ったアボカドのほうが大きくてずっしりとした重さのアボカドが手に入れられると思います。あと、オンラインショップで、プレミアムリッチって書いてあるのが重くてずっしりとしたボリューミーなアボカドが手に入れられると思います。

実際、私がいろいろインターネットでアボカドを調べて選んだのが、プレミアムリッチって書いてあるのが重くてずっしりとしたアボカドを選びました。中身を切って見ると、果肉がいっぱい詰まっており、濃厚な味がしました。

そして、ワカモレをときに驚いたのが、プレミアムリッチのアボガドを2個分使った時、アボカドの量がとても多すぎてお皿がアボカドの果肉がはみ出るほどでした。

スーパーマーケットで買ったアボカドなら、アボカドがお皿にはみ出ないのですけれれど、プレミアムリッチのアボカドはアボカドのボリューミーな果肉がはみ出るので果肉をフォークで潰す時とても根気がいる作業でした。でも、作ってみたら、とてもおいしかったのでおすすめいたします。

 

Sumifuru(スミフル) スミフル アボカド

 

メキシコ産のアボカドプレミアムリッチはとてもおすすめ!

今回紹介したメキシコ産のアボカド、プレミアムリッチはメキシコ産の中でも大きくて、栽培するところに関してもこだわりが強い場所で栽培されているので大きくてずっしりとしたボリューミーなアボカドが生産されます。

その理由は皆さんに良いアボカドを食べてほしいからという生産者の思いからできています。値段はスーパーマーケットに売っているいつものアボカドと比べると高いとおもいますが、そのかわり、大きくて、実はしっかりしていて、食べられる量は多いです。

そして、果肉は水っぽくなく、濃厚で、森のバターと言わせる、本当の森の話バターです。私はこのプレミアムリッチのアボカドを食べていらい、ここしかもう食べられずにはいられなくなりました。それくらい美味しくて濃厚なアボカドでした。しかも、この栽培するにあたって、環境にもやさしい取り組みを行っているということもあり、たとえば、アボカドには農薬を一切使用してないという点です。

あと、アボカドを生産するにあたって一切の妥協を許さない点もあります。というのも、基準を満たしたアボカドだけを選んで消費者に届けています。私は今回、このスミフルという会社のアボカドを購入して食べましたが、こんなに大きくてずっしりとしたボリューミーな味は濃厚なアボカドは生まれて始めてでした。

最初はいつものアボカドとサーモンの醤油和えで食べてましたが、それでは飽き足らず、以前から、気になっていた ワカモレを作って食べたら、とてもうまく仕上がりました。アボカドは甘くないので、どちらかというと子供むけというより大人向けのフルーツです。

おとなになったら味のよさがわかるフルーツです。なぜなら、子供たちが好きでアボカドを食べてる様子が多く見られないからです。逆に子どもたちが好きな果物といえば、スイカとかメロンといった甘いフルーツです

。アボカドが好きな子どもたちは聞いたことはありません。しかし、おとなになってくると、なぜか、アボカドが不思議と好きになってくるものなんです。しかも、お取り寄せするほど好きになってきました。メキシコ産アボガドプレミアムリッチはボリューミーなアボカドです。みなさんもお試しになってはいかがでしょうか?